Frankentourismus

上部マイン・ユラ

「上部マインの神の庭」にある小さいけれど誉れ高い文化、世界的に有名なバロック様式の建築記念物と古くても生き生きとした工芸が上部マイン・ユラを地球上の特別な地点にしています。

oberes_maintal_vierzehnheiligen.jpg

上部マインの神の庭

緩やかな丘陵、豊かな森、マイン川の広い川辺が上部マイン・ユラの「神の庭」の特徴です。ハイキング、サイクリング、ボートツアーに理想的なゆったりとした地域です。バート・シュタッフェルシュタインにある「オーバーマイン・テルメ」という温泉に行けば、新しいパワーを蓄えることができます。ここではバイエルン地方でも最も力強く最も熱い塩水が湧き出ています。バンツ修道院とその向かい側にある世界的に有名な巡礼バジリカと共に「フランケン地方の三羽烏」と言われています。

 

籠職人

古くから伝わる手工芸である籠作りは上部マイン・ユラ地方と深いつながりがあります。籠工芸の町リヒテンフェルスでは籠市を開催してこの伝統を祝います。また、ミッヒェルアウ・イン・オーバーフランケンのドイツ籠博物館を訪れると、この古い手工芸についての全てを知ることができます。


Loading...